一日一個のりんご4971は医者いらずというけれど

タイトルのように<一日一個のりんごは医者いらず>ということわざがありますね。実際にどのような果物なのか、調べてみました。
まず、りんごのカロリーですが<りんごダイエット>があるように低めになっています。りんご一個あたりおよそ138kcal、これはご飯一杯(150g)が240kcalや食パン6枚切り1枚が160kcalになるのでこれよりも抑えられています。なので朝ごはんにりんごを食べるとそれだけでカロリーが抑えられていることになります。また、りんごの栄養ですが飛び抜けている栄養素があるわけではありませんが、ビタミン・ミネラル全般はバランスよく含まれています。ですので朝、りんご一個を食べるだけで肌の調子や体調の改善が体感できるでしょう。りんごを食べることによっての効果ですが、一つは中性脂肪の上昇を抑制する効果があります。さらに、ビタミンを豊富に含まれているためアンチエイジングの効果や便秘の解消にも効果があります。いいことばかりのりんごですが効果をきちんと得るには食べ方にポイントがあるのです。ポイント1は<皮をむかずに食べる>ことです。皮にアンチエイジングに効果があるリンゴポリフェノールが多く含まれています。もう一つのポイントは<生で食べる>です。ビタミンCやビタミンB群は熱に弱いため熱すると破壊されてしまいます。
みなさんも朝りんごはじめませんか?