簡単なりんご4971の食べ方と皮について

りんごの食べ方とひとまとめにしても、色々とあるものです。りんごはミカンやバナナといった果物と異なり皮ごと食べられるのが他と異なる特徴です。このため、食べる候補として「まるかじり」が挙げられます。この場合、一度口を付けてしまった以上食べきらないといけないので保存には不向きです。次に皮をむかずに8等分し、そこから皮をむく方法です。包丁に不慣れな場合は最も簡単で調理しやすいものです。また、保存も食べないものを塩水につけ、ラップやアルミホイルで巻いて冷蔵庫で保存することで茶色い変色を防ぐことが出来ます。ウサギ型に皮をむくことができれば、お子様にも好評でしょう。他の方法としては、先に包丁で全ての皮をむいてから一口サイズにカットする方法です。包丁ではやりにくい方も多いですが、じゃがいもの皮をむくピーラーなどを使うことで容易に皮むきが出来ます。また、専用の皮むき機も販売されています。栄養価としては、りんごの皮と皮付近にはリンゴポリフェノールやケセルチンといった成分が含まれ有用です。しかし農薬が使用されているかは農家の方の方針に寄るので、必要に応じて簡単な方法でも構わないので皮をむく方法に慣れると良いでしょう。